この夏一番美味しかったアイスクリーム

「この夏一番の猛暑」と報道で流れたお天道様。4年代の自身は、女子って2人で福岡県内甘木市の野生流水によるジムに行きました。女子ったら、出向く前にガソリンぐらい入れておけばいいのに、せっかちな女子は、残り少ないガソリンで往き1瞬間の進路を出発しました。途中でダチョウの牧場を発見し、体長2mありそうなダチョウが、思ったよりも速いスピードで走っている身だしなみを見たり、産直マーケットに寄って、新鮮な野菜を買ったりしながら、目的地に向かっていた要所、「どうしよう。ガソリンが更に下をついちゃったけど、ガソリンスタンドが見当たらない!」といったやっぱし、女子は慌て始めました。田舎道を走っていたので、スタンドがかなりなかったのです。目的地の近くで、1軒ガソリンスタンドがありました。けれども呼物も出ていないし営業しているのか思い付かほどの怪しげな感じだったので、ガソリンはもっと薄いけど通り過ぎ、どうしても目的地に到着しました。流水ジムでは女子もスイムスーツでジムに入り、2人で大はしゃぎしました。アダルトで思いきり遊んでいたのは、知人を見渡しても女子だけだったかもしれません。そうして、帰り。ガソリンがとうに底をついている私たちの車種は、こういう猛暑だというのにエアコンもかけられず、窓全開でこわごわ帰路に向かいました。ガソリンがないことを教える時計も鳴り出して、やっと、道中に1軒しかなかったあの怪しげなガソリンスタンドに入ることにしました。「いらっしゃい・・・。」やる気がないけれど、丁寧な感じがするお兄さんが迎えてくれました。「主力千円分お願いします。」という女子。(わずか千円だけ?ガソリンもはや乏しいのに)「よし。千円分だ。」というガソリンを入れた後者、レシートと共にお兄さんのアームには、アイスクリームが二つありました。ふと女子が「え?」といったお兄さんの形相を見ると、お兄さんは「お子様が暑いかなと思って・・・。」というまだな雰囲気で、コンビニエンスストア銘柄のカップアイスを差し出してくれました。夏季の極めて暑いお天道様、4年代の自身はアイスクリームを今までまるごと1個食べさせてもらったことがなかったけど、お兄さんのおかげでやっと1個召し上がることができました。それも、思い切り旨いイチゴおっぱいテーストでした。暑い暑い夏季のお天道様、女子も私も大上出来で「ガソリンスタンドのお兄さん、有難う!怪しんでごめんね」といった感謝しながら帰った、スピリットもとろける楽しいお天道様でした。どうぞご覧ください