至急運輸されたあの夜の渋いメモ

その日は、夫といった2人で中華のバッフェに行きました。というのも数日前までオペ入院を通じてあり、医者食に飽きていた身は、思う存分美味しいものが食べたかったのです。
腹も膨れ満足して家で休んでいた部位、今までに経験したことのない腹の激痛がしだし、それはトータルが冷や汗でぐっしょりになる程の重い疼痛でした。腹の激痛に加えて嘔吐も繰り返し、普段は沈着な夫も「ただごとではない」と思ったようで、奥様科系のオペを通じて数日その後だったこともあり、至急車を呼ぶことになりました。至急車に乗るのははじめてでしたが、あまりの腹の痛さに眼も開けられず医者に到来経路奥様科系の病を勘ぐり、腹のエコーを診ることになりました。但し、至急の部下から聞こえた語学は「腹に便がいっぱいで、何も見えません・・・。」便がいっぱいで子宮等が見えないというのです。只原因は「食べ過ぎによる大便秘」に関してでした。まさか便秘が原因だとは思いませんでしたが、便秘を侮れないほどの気苦労を味わいました。そうして、また療養として、数日間おかゆで過ごす状況になりました。もう調子に乗ってバッフェで食べ過ぎないようにしようと心に誓った、あの日光のキャリアだ。女性に人気のサイト