黒澤明が「通じる」に秘めた申し立てを紐解く

映画界の勝者黒澤明は1998時世に亡くなるまでの機会、30力作という力作を世に送り出した。その中で、今回紹介したいのが1952時世に公開された「通じる」という力作です。
こういう力作は名前から放たれるように“通じるは何なのか”を問いつめた力作となった。
志村喬演ずる主人公渡辺は市役所で町民課長を勤しみ、ただ一日デスクに座って、ちらほらシートに目を通し判子を圧すだけという悶々とした日々を過ごしていた。
そんなある日、渡辺は病院に「胃がん」という宣告をなる。
1953時世当時「胃がんは死刑宣告」に等しい宣告であった。
忽ち降りかかった死の動揺。
渡辺は業者を休み、やけ酒を呑み歩いたり、パチンコやダンスホールなどお笑いで享楽系に遊び歩く。そうして。小田切みき演ずる下位のういういしいおばさん小田切とよと遊園箇所やカフェにデートをあかす日々を送る。
ある時、家内が機関を辞めておもちゃ業者に転職したことを知らされる。
家内とやり過ごす一つ、若い家内の奔放な体つき、生アビリティーに惹かれた渡辺は小田切に胃がんです事を伝える。
すると、家内は自分が作業場で作ったおもちゃを見せ「あなたも何か作ってみたら」という。
渡辺はその言明に揺り動かされ「自分には依然とれることがある」という腹づもりし起きる。
原住民から下水工事されていない不衛生な下町に、下水掘りを作り、埋め立て箇所の上に公園を建設してくれという公園を作ってくれと陳情が出されていた未決のイベントを目にする。
渡辺はその原住民の想いを適えゆくことに全生を張り付ける。
映画はここで、主人公渡辺の葬式へって状況が切り替わる。
「公園を作ったのは己です」という列席した機関の人柄や市議会議員はいう。
そこに、原住民たちが訪れ、涙を流しながら線香をあげに生じる。
その着こなしを見て、渡辺こそが本当の功労人間だったことに勘づく。
渡辺の最後の本気な動きは、身の回りを取り回すアビリティーがあったといった振り返る。
現実、渡辺は自分が作った公園で亡くなってある。
そうして、映画の致命傷では公園で遊ぶ子供たちの笑みが響き渡っていた。
という内容です。
こういう事柄からわかるように、黒澤明がこういう映画によって伝えた「通じる」は、面白みや意欲に通じるのではなく、最後は人の結果人前のために行ないゆくことこそが人として通じる針路であると教えているのである。
なかんずく、死を覚悟した人柄ほど凄いものはいない。
東洋の思想に「臨終正念」という言明がある。
また、「ライフ空しく過して万歳悔ゆる要素勿れ」とも記されている。
最後の最後まで命を燃やし、人の結果人前のために行ないゆく要素それこそが黒澤明が1952時世「通じる」という映画で描いた現代も訴えゆくコメントです。M性感風俗なび|痴女・フェチ・SM系情報サイト