勇者のお母さんだ。うちの勇者の冒険記

今回は勇者の昼前に対して一層掘り下げていきます。うちの勇者、昼前がだいぶ速いのです。というのも、おとうさんは遠くの街角まで就労に行かなければならないので、短く起き、奥様も朝めしという弁当誕生につき手早く立ち上がるので、気になって勇者も起きてしまうようです。夏季の、朝起きたての勇者の器具はオムツといったロンパースのみですが、でも張り合う勇者には暑く、食が進まなくなるのでまだまだ室温は消せません。朝めし後に消します。勇者の朝めし料理は、玄米ご飯、お吸い物、納豆が出ることが多いです。父兄はスムージーを呑むので、勇者もわけて下さい。奥様は勇者が健康で冒険のツアーに臨めるように、夕食にはなるべく気を使っていらっしゃる。玄米は白米について栄養分が多く、のほほんと吸収するので、ページの鎮まりを遅らせる効果があります。お吸い物は室温で冷えた人体をあたためるし、みそ、納豆などの発酵ミールは勇者のおなかを元気にしてくれます。スムージーは、十数種類の野菜といったフルーツにおいて取るので、ビタミンや繊維を色々食することができます。生易しいですが、繊維と糖を共に摂取するため糖の体得が穏やかになるので、ドリンクや生易しいスナックのように血糖バリューが急上昇することが無く、安心です。砂糖だけをとって勇者の脳にダメージを与えるのも恐いですからね。平均が上がった勇者がキレたりしたら、風土はどうなるか分かりません。朝めしを終え、勇者はおとうさんを送りだします。入り口までついて赴き、ハグからの投げキッスからのサヨウナラだ。勇者のおとうさんは米人なので、そのあたりはきちん勉強されています。おとうさんが旅立つって、あー、行っちゃった。といった、ここまでが勇者の黙殺の流れのようです。その後は大好きなベランダ追及のスパンだ。暑い日光が続いていますので、最近の勇者の器具はオムツだけのことも多々あります。が、危険です。化け物がいるからではなく、時として自分でおむつを下ろしてしまうからだ。そうして勇者の冒険はつづくのでした。興味のある方はどうぞ