クレジットカードの報告にあったら

大型のモールやスーパーに行くといった、クレジットカードの報告にあうことが時々あります。クレジット体系のない局面カードから、クレジットカードと一体になった局面カードへの変更を求められることもよくあります。
けれどもそんなときに私は「クレジットカードを作れない事情があるので」と言って断ります。そうなると先方もすっぱり引き下がって、それ以上のストーリーはしません。嘘も方便というものです。
実際、私はブラックリストに入っておるわけではなく、単にクレジットカードを何枚も作りたくないのです。目下持ち合わせるカードだけで十分間に合います。
ところで、とっくに周辺から聞いた話によると、ますます巧妙な企画もあるようです。その周辺は、クレジットカードの加盟を報告されると、「わざわざ小さい年収を書いて申し込んでいた」と言っていました。そうなると考査で落っこちるので、僕はカードを持たなくてすむし、報告した人の紹介点数も下がらないで済みます。
私は「ふむふむ」として感心しました。因みにその周辺は、ストーリーを聞いた当時は紹介の現職に関していました。相手に損失をさせず、自分も損をしない、紹介勤めの視線ならではのうまい断り方法だといえそうです。公式サイトはコチラ